関大47年ぶりの優勝にあと一歩及ばず

347

47年ぶり優勝目前も…

47年ぶりの優勝に向け神宮大会決勝に臨んだ関西大学。
しかし、慶応大学が立ちふさがり0-8で優勝を逃した。

関大はこの秋からのエース・森が先発。
初回に慶大主将・郡司から2ランを浴びる。
打線も慶大・高橋に8回までパーフェクトに抑えられ完封負けを喫した。

関大の早瀬万豊監督は「うまいことやられた」と試合を悔やんだが
「来年はまた優勝旗を取りに来る」と意気込んだ。




 
元阪急ブレーブスの山口高志アドバイザリースタッフは、
「感動したよ、ありがとう」とその試合に立ち会えた感謝を述べた。
自身は、大学時代に優勝経験を経験している。
今回、後輩たちは準優勝だったもののその勇姿が心に刺さったようだ。

関大野球部は社会人野球や独立リーグで今後もプレーする選手が多くいる。
また、この日を最後に野球を引退するものもいる。

野球を愛し、続けてきた彼らの未来が明るいものになるように、心より願う。

返事を書く

コメントを入力してください!
ここに名前を入力してください